スポンサードリンク

“ユンボもこんな使い方があるのか”とうなずける動画

いやはや世界にはおもしろい動画があるもので、これはそのひとつです。大型ユンボ(ショベルカー)のバケツに水が入っており、上から水を掛け、その勢い(水圧)で車を洗車してみるというもの。



ご想像通り、あの高さから水を掛ける訳ですから見事に車が破壊されてしまいます(笑)考えることが大胆ですね。ちなみに映っているユンボはドイツの建設機械メーカーであるリープヘルのもの。かなりの大きさに驚くばかり。



いつかはミニユンボの免許を取ってみよう

家の改築や庭の整備に役立つミニユンボですが、免許を取るにあたっては、まず自動車運転免許を持っている事が第一条件になります。

自動車運転免許を持っている方なら「小型車両系建設機械特別教育」という講習を受ければ無事免許取得可能なわけです。

この講習では学科講習と実技講習が一日づつ行われ、どちらの講習にも参加しなければなりません。この間できっちり操縦方法をマスターしておきましょう。

また講習に掛かる費用は、およそ15,000円〜25,000円ぐらいです。これであたなも3t未満の建設機械・ミニユンボの操縦を行う事ができる訳です!

ミニユンボの購入を考える


自分の庭や畑、そしてガレージなどの細かい作業には大型の機械より、ミニユンボの方が利用しやすいですし、操作しやすいと思います。そこでミニユンボを購入しようと考えている方にワンポイントアドバイスをしたいと思います。

1.メーカーを決める(コマツ、ヤンマー、三菱など)

2.カタログでじっくり検討する(サイズやスペック詳細を知る)

3.実物を見に行く。

4.操作しやすい機械を選ぶ(各メーカーにより操作感覚に違いがある)

などが一応のポイントとなります、もしミニユンボの購入に迷うようであれば、建設業に携わっている知人や友人に相談したり、また一緒に見に行ってもらったりすると安心だと思います。その際、実際に試運転させてもらうとなお良いでしょう。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。